ママ塾で偏差値70!

長女:幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70がでました。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾中。次女:スマイルゼミで先取り中。長男:Z会&ポピー受講中。シェア畑で生きた食育もしています(*^^*)。

全国統一小学生テストで偏差値60以上だと臨海セミナーの特待生になれる!

臨海セミナーは、神奈川県を中心に東京・千葉・埼玉などで展開している中堅の進学塾です。四谷大塚の準拠塾なのでテキストは予習シリーズを使い、全国統一小学生テストの受験会場にもなっています。

 

なんとこの臨海セミナーでは、小3なら2科偏差値60以上、小4・小5は2科偏差値65以上あれば、授業料全額免除の特待が受けられます。

 

この偏差値というのは、全国統一小学生テストでの偏差値です。

臨海セミナーの会場で受けていなくても、偏差値を示すテストの成績表があれば大丈夫です。

スポンサーリンク

 

 

 

特待制度というと、大手の中学受験塾ではほんの上位しか受けられないハードルの高いイメージですが、偏差値60・65なら手が届く感じがしませんか?

 

わが家の長女は、先日の「未来をつくる学びテスト」(朝日新聞社主催)の結果を受けて日能研に無料で通えることになったのですが(これは日能研のスカラシップではありません。朝日新聞社の特別学習支援制度によるものです。※別記事参照)、その期間は小3の9月から1年間。

もしその先も塾に通いたいと長女が言ったら、どこかほかに特待を受けられそうなところはないかしら、と思って調べていてわかったことでした。

 

しかしながら、わが家は私立中学を受験する予定はありません。

受けるとしても、公立中高一貫校のみです。

 

やはり大手の特待制度やスカラシップと同様に、私立難関校の受験が条件になっているのではなかろうかと、臨海セミナーさんに直接問い合わせてみたのでした。

 

その結果・・小3・小4の間は、志望校の如何に関わらず偏差値さえ足りていれば特待が受けられるとのこと。ただし、テキスト代は実費。夏期講習などの講習は必ず受けなければならず、その費用は全額負担しなければなりません。

 

小5になると、コースが志望校別に私立コース・公立中高一貫コースに別れます。授業料全額免除の特待制度は私立コースにしかなく、公立中高一貫コースでは5000円の割引のみになるそうです。

 

うーん、やはり。

難関私立中の合格実績を伸ばすための特待制度ですから、当然と言えば当然ですね。

 

私立中学の受験を考えている方なら、こういった制度を利用して経済的負担を軽くするのもありなんじゃないかな・・

『予習シリーズ』は定評のある優秀なテキストだし。

スポンサーリンク