ママ塾で偏差値70!

長女:幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70がでました。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾中。次女:スマイルゼミで先取り中。長男:Z会&ポピー受講中。シェア畑で生きた食育もしています(*^^*)。

年中さんの家庭学習ーわが家の長女の場合

次女の誕生でしばらくお休みしていた長女の家庭学習ですが、年中さんになって再開しました。

(次女は全く手のかからない赤ちゃんだったので、再開できました ^^) 。)

 

以下のジャンル(科目?)にわけて、進めていきました。

① もじ

② けいさん

③ えいご

④ 手先を使うこと

⑤ ちえ

 

① もじ

 とりあえず、ひらがなをもう1回練習してみました。

 恐ろしく字が汚いのですが、一応書けるようになったのでカタカナに進みました。

 漢字は、拒否されたのでやりませんでした。

 使った教材は、くもん・学研の幼児ドリル。

ひらがなおけいこ (もじ・ことば 5)

  

② けいさん

 かずを数えることは忘れていなかったようなので、かんたんなたしざんから始めてみました。

 こちらは得意分野のようで、くり上がりもすぐにマスター。2ケタ+1ケタまでできるようになりました。

 ひきざんも同様。もともと数字には強いタイプのようです。

 使った教材は、くもん・学研の幼児ドリル。

たしざんおけいこ1集 (かず・けいさん 5)

 

③ えいご

 アルファベットを教えたり、書く練習をしましたが、びっくりするほど覚えませんでした。

 赤ちゃんの頃から英語の絵本を読んだり、英語サークルに参加したりしていたというのに!

 全く興味がなかったようです・・。

 使った教材は、くもんの幼児ドリル。

アルファベットおけいこ (えいご 3)

 

④ 手先を使うこと

 遊びの中でお絵かきや工作をすることがない子だったので、紙工作のドリルを使って練習していました。

 自由に作ることは好きではないけれど、お膳立てされた工作は嫌いでないらしく、わりと楽しんでやっていました。

 使った教材は、くもんの幼児ドリル。

かみこうさくあそび (こうさく 4)

 

 お絵かきもキライ、というか「うまく書けないから書きたくない」という感じでした。だったら、邪道かもしれないけれどやり方を教えてしまおう!ということで見つけたのが、『1日10分でえがじょうずにかけるほん』。

決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

 この本は賛否両論あるようでしたが、長女には好評でした。カタチから入ったっていいじゃない(笑)

 

 図工は今でも苦手です・・。

 

⑤ ちえ

 とりあえず本屋さんでみつけてやってみたのは、学研の「ちえのおけいこ」「できるかな」の5才・6才用。

5歳 ちえのおけいこ 学研の頭脳開発 (多湖輝のNEW頭脳開発)

 そして、これからは「ずけい」が大事だとか「地頭」を鍛えるなんていうことを耳にするようになって、知ったのが「ピグマリオン能力育成問題集」でした。

 これは小学校受験をするお子さんが使う問題集です。3才からとありますがわが家の長女にはまだ難しいようだったので、もうすこしかんたんな「こぐま会 ひとりでとっくん」シリーズからやっていくことにしました。

ひとりでとっくん65 つみ木の数

 このシリーズは全部で100冊以上あるのですが、わが家はお受験をする予定ではなかったのでいくつか選んでやりました。

 てっぱんの「積み木の数」や「点描写」、図形を重ねたり分割したり回転させたり・・

 お受験をしなくても、こうやって頭を耕しておくことは大切だと思います。 

 

 

長女の学習態度はどうだったのか、というと、年少のときより少しマシな程度。かなりのんびりした幼稚園に通っていたので、「どうして自分だけがお勉強しなきゃいけないんだ」とよく愚痴っていました。

まわりのお友達に「家でお勉強してる?」と調査したりしていたようです(笑)。

 

そんな中、秋ごろにママが妊娠!

5才と1才プラス妊娠となり、またお勉強は中断することとなりました。

妊婦のママと1才の妹を連れまわして、いつも公園で走り回っていました(*^^*)。