ママ塾で偏差値70!

長女:幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70がでました。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾中。次女:スマイルゼミで先取り中。長男:Z会&ポピー受講中。シェア畑で生きた食育もしています(*^^*)。

【ランドセル選び】上の子の失敗から学んだこと

わが家では、来年次女が小学校に上がります。

そろそろ、ランドセルを買ってあげなくてはなりません。

最近のランドセルは色も種類もたくさんありすぎて、どれを選んだらいいのかわかりませんよね。

わが家は、4年前に長女(現在小4)のランドセルを選びましたが、今思うと若干失敗しています(^-^;。

スポンサーリンク

 

長女のランドセル

初めてのランドセル選びということで、わたしはとても張り切って、やや力んでいました(^-^;。

カタログをたくさん取り寄せて、早割だのオーダーメイドだの見比べてみたものの、「どれもこれも、みんなと同じでつまらない!」と思いました。

そんな時、ネットで発見したレザーアクセサリーのお店。

大人のストラップなどを取り扱う、おしゃれなお店でした。

そのお店でランドセルも作っていて、かわいいレザーパーツを自分で選んでつけられるというのに惹かれ、電車ではるばる買いに行きました。

色は、茶系に誘導しました(笑)。

「ピンクのランドセルで、ピンクの服だったら変じゃない?」

「茶色だったらどんな服にでも合うよ!」

当時すでに、女子っぽいフリフリを敬遠していた長女は、まんまとダークブラウンを選びました。

ダークブラウンにレザーのアクセサリー。

なんとも大人好みの、おしゃれなランドセルが出来上がりました。

そして、もう一つ大人好みな点は、本革(牛革)製だということです。

単純に、本革ってすてきだなと思いました。

本革の欠点は重いことですが、長女は身長も高く力持ちだし、わが家は学校にすごく近いので、OKとしました。

重い!

失敗だった点はなんといっても重いことです。

長女曰く、「教科書の入ったお友達のランドセルより、からっぽの自分のランドセルの方が重い」のだそうです。Σ(゚д゚lll)ガーン

色や飾りに関しては、小学生はびっくりするほどランドセルに興味がありません!

もうほんとに、ただの通学カバン以外のナニモノでもない。

ランドセルのことであれやこれや思うのは入学前だけで、入学してしまえば学校生活に夢中です。

そんなことなら、誘導したりせずに好きに選ばせてあげればよかったと思っています。

幸い長女は、重さのことはそれほど気にしていないし、色に関しては気に入ってくれているようです。

なのでまぁいいのですが、そんな経験を踏まえ、先日次女のランドセルを購入してきました!

スポンサーリンク

 

次女のランドセル

長女のランドセル選びから学んだこと

  • 色や飾りなんて本人が良ければなんでもいい。
  • どんなランドセルを選んでも、6年もあれば後悔することもあって当然。
  • しかしそれ以上に、子どもはランドセルの色に興味がなくなる。
  • でも、重いのはよろしくない!

ということで、次女には好きなのを選んでいいよ~と伝えてありました。

テレビで妖怪ウォッチの合間に流れるCMを見て、

「天使のはねにしようかな~、フィットちゃんもいいな~❤」

と迷っている次女。

調べて、どちらも扱いのあるイトーヨーカドーに行きました。

カラフルなランドセルたちが、100種類くらい並んでいました!

次女はその中から、フィットちゃんのサーティーワンコラボというシリーズのパープルを即決。はや~(^-^)。

CMで目星がついていたのかもしれませんね。

一応、お店の方に「天使のはね」と「フィットちゃん」の違いなど聞いてみました。

「天使のはねは肩ベルトが左右対称に動くけれどもフィットちゃんは連動せずそれぞれの動き。あと肩ベルトの形が、天使のはねは内側にカーブしていていフィットちゃんはまっすぐ。

どちらも、考えられた末にそのように作られていて、どちらの方が良いとは言えないが、なで肩の子は天使のはねが良いかも?」

とのことでした。

そうか、はっきり言って、そんなことどっちでもよーい!(笑)

とにかく軽い!どっちも軽い!3才の長男でも背負えるほど軽い!

次女の意見を尊重し、フィットちゃんに決めました(^-^)。

まとめ

結局、二人目からはこだわりがなくなるというわが家のズボラ3人子育てを晒してしまっただけのような気もしますが・・。

ようするに、軽ければいいよ!あとは子どもの好きに選ばせてあげよう!ということです(*^^*)。

 

ところで、うらやましそうに見ていた長男。

「長男くんも、次女ちゃんと同じフィットちゃんにするの?」

「ちがう!ぼくはフィットくん!!」(笑)

スポンサーリンク