ママ塾で偏差値70!

長女:幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70がでました。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾中。次女:スマイルゼミで先取り中。長男:Z会&ポピー受講中。シェア畑で生きた食育もしています(*^^*)。

【シェア畑】夏➡秋へ。黒キャベツと茎ブロッコリーを植えました🌱

シェア畑の夏

今年の夏は本当に暑かったので、シェア畑での作業も大変!

農園サポーターのシフトも、日中を避けた夕方になっていました。

ハウスにエアコンはないので、日中いたら熱中症になってしまいます。

畑の夏は実りを待つ季節。

6月末にエダマメとオクラの種をまいた後はとりたてて大きな作業はありません。

春に仕込んだミニトマト・ナス・ピーマンをひたすら収穫しました(^-^)。


f:id:mamajuku:20180830002742j:image

子どもたちが楽しみにしていたスイカも・・

このとおり、良いサイズに育ちました。

収穫の後は、雑草取りと水やり。

長女と次女は暑すぎて畑に行きたがらないこともありましたが、けっこう農作業が好きな夫収穫と畑で出会う生き物が大好きな長男が毎週お世話をしに行ってくれたのでわが家の畑は豊作でした。


f:id:mamajuku:20180830002835j:image

オクラの花ってとてもキレイです。


f:id:mamajuku:20180830002904j:image

エダマメはもう少し(^-^)。

夏野菜のお片付け

お盆が過ぎたころ、シェア畑から1通のメールが届きました。

「そろそろ夏野菜のお片付けをして、秋冬野菜の植え付けに向けた土作りをしてください。」

えー!もう⁈

メールによると、8月末に秋冬野菜の最初の苗が届くので、その1週間前までに耕して肥料を入れておいた方が良いとのこと。

秋冬野菜は、早めに仕込んだ方が元気に育つのです。

有機肥料が活性化するのに1週間くらいかかるので、お盆明けには土づくりをするのがベストです。

農業って、シーズン先取りなんですね!

ナスとトマトはもう少し実が付きそうでしたが、もう十分食べられたのでお片付けをしました。

そして耕して、牛ふん・鶏ふん・油かすを混ぜ込んでおく。

冬も、おいしい野菜を育てておくれ~。

本当にしっぽを切って逃げたとかげ

わが家の畑にはトカゲやカナヘビがお住まいになっているようで、作業中によく出会います。

トカゲを見ると追いかけずいられない性分の夫が、いつものように1匹のカナヘビを捕まえました。

しかしなんとか逃れようとするカナヘビ!あー!!

なんと夫の隙をついて、しっぽだけ切り離して逃げたのです。

残渣置き場に走り去るカナヘビ。

あとに残されたしっぽ・・。


f:id:mamajuku:20180830002945j:image

ほんとうにプッツリと、しっぽだけ置いていくんですね。

しかも動いている。

 

秋冬野菜の植付け

秋冬野菜は一部選択制になっていて、わが家は黒キャベツと茎ブロッコリーを選びました。

かわいい苗!


f:id:mamajuku:20180830003010j:image

春の時と同様に、きちんと畝を作ってマルチシートをかぶせます。

そしてマルチカッターで穴を空けて、そっと苗を植付け。

そのあとネットをかぶせ、さらにその上から不織布をかけてあげて強すぎる日差しをやわらげます。

ちょっと!過保護過ぎない⁈(笑)

秋が近づいて、畑仕事も気持ちのいい季節になりました。

秋も、わが子のように大切に、たくさんお世話しようと思います(*^^*)。