ママ塾で偏差値70!

長女:幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾しました。きょうだい3人、スマイルゼミで2学年先取り中。次女は+くもん。

【塾なし小5】基礎トレメニューはこんな感じです。

基礎トレはママ塾で 

塾なしと書いたけれど、一応塾は行っています。いろいろ考えた結果の個別指導で、志望校対策だけお願いしています。

➡【小5塾選び】集団指導のメリットデメリット➡個別指導がベストという結論。

普通のグループ指導だと、カリキュラムの中に計算だとか基礎知識なんかの訓練が必ず入ってきます。

が、長女の場合そういった基礎は省略して演習だけをお願いしているので、基礎は家庭で面倒を見る必要があります。

そのようにした理由は、長女が

  • 計算は得意だが思考力問題が苦手。
  • あまりたくさんの課題をこなせるタイプではない。
  • 全員一律の基礎用問題集が、計算に偏り易しすぎるように思えた。

からです。

グループ指導の課題をこなしていると、もうできることに時間を使ってしまって、足りない部分を補う時間と気力がなくなってしまうことがあります。

なのでオリジナルの基礎トレメニューを作りました。

スポンサーリンク

 

基礎トレメニュー

計算マスター&漢字マスター(6年)

言わずと知れた、日能研のロングセラー教材です。

計算マスターは、四則演算と分数・少数ができれば解ける問題ですが最大限に難しく、ていねいに解かないと間違えます。

分数小数が混ざって出てくるときにどちらに合わせるかなど、数字に対する「勘」も養われます。

普通の計算問題では物足りない子におすすめです。

漢字マスターも、ちょっと盲点をついたような問題が気に入っています。

どちらも受験レベルでありながら受験テクニックは必要としないところが重宝しています。 

➡【塾なし小5】受験レベルの計算・漢字ドリルはこれに決めました!

どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題

公式にとらわれず自分の頭で考えるのが苦手なので。

現在小学5年生用をしていますが、ほぼ正解できるようになってきました。

➡【文章題が苦手】「どんぐり倶楽部」の良質の算数文章問題(年長~)がおすすめ

キッズBEE過去問題集

キッズBEEは小学3年生までなのに、まだやってます!しかも解けない・・。

1日1問、地味にがんばっています。

サイパー思考力算数練習帳シリーズ

公立中高一貫校の適性検査でよく出る分野、かつ長女が苦手とするところをカバーする目的で使っています。いまのところは、 

をやっています。

「速さ」や「場合の数」の単元も追加していく予定です。

RISU算数

長女は小3・小4の間に中学受験塾をつまみ食いしていたので、算数の先取りが中途半端です。

小学5・6年の算数に穴がないかさらっておいた方が良さそうなので、春休みから『RISU算数』を導入しています。

現在、ステージ74あたりをしているようですが、今年中に最終ステージ93+受験基礎ステージ20まで終わらせてもらう予定です。

(会費が年払いなので!)

中学への算数

挫折中!(笑)

白地図&年表トレーニング

私立受験はしませんが一般知識として知っていたほうがいいので、社会科の勉強はゆるく続けていきます。

「私立を受ける子は、これ全部覚えないといけないの~⁈」と長女。 

四科のまとめ(理科)

理科は志望校でわりと出題されるので、四課のまとめを使って弱点を洗い出しています。

長女の苦手は物理・化学分野。

計算が混ざって、算数っぽくなってくると拒否反応を示します。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

長女は、国語が得意で算数が苦手。国語は中学生レベルでも余裕ですが、算数はキッズBEEが解けません。

そんなデコボコをなんとか均そうと、算数中心+社会理科の基礎トレメニューになっています。

早稲アカや日能研に通っていたときは、通塾と毎週の課題に追われ、苦手がわかっていても手が回らず、それがストレスでした。

塾+αをこなせる勤勉な子なら良かったのですが、そうでない場合どうしても塾に振り回されることになります。

いまは、通塾は個別指導の週1回。勉強は必要なものに絞って、遊ぶ時間を確保しています。

まとめると、長女の現在の家庭学習は

  • 基礎トレ
  • 志望校対策問題集(塾のもの)を回す
  • スマイルゼミ

の3本立てです。

これで勉強量を確保し私立受験組との差が広がらないように努めているのですが、よくサボるので差は広がっているものと思われます。

『スマイルゼミ』は中学1年生コースの先取りをしていますが、これがなかなか難しいらしく・・

『スマイルゼミ中学生コース』いついては、また別の記事にしたいと思います(*^^*)。

スポンサーリンク