ママ塾で偏差値70!

長女:幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾しました。きょうだい3人、スマイルゼミで2学年先取り中。次女は+くもん。

【小1/6月】四谷大塚「リトルスクールオープンテスト」を受けました。

f:id:mamajuku:20190619060743p:plain

四谷大塚「リトルスクールオープンテスト」

6月30日、小1次女が四谷大塚のリトルスクールオープンテストを受けました。前日の早稲アカキッズチャレンジテストの疲れはまったく残っていない様子。

年長だった3月に比べて、体力ついたなーと感心しました。

テスト内容

まだ午後の部があるということで、問題用紙は持ち帰ることができませんでした。なので内容についてはさっぱりわかりません。

次女は、算数の最後の問題が、時間がなくてできなかったと言っていました。

体験授業

テストの後そのまま体験授業が始まり、帰るタイミングを逃してしまいました。通塾するつもりはないので、テストだけで帰りたかったのですが。

体験授業は、国語・算数・英語のみっちり3科目。

算数

文章題を絵にかき起こす練習をしたようです。『どんぐり倶楽部』の簡単バージョンのようなプリントでした。

国語

国語は季節のことばなどのプリント。四谷大塚って国語の知識・ことば問題が好きですよね。知識がないと文章が読み解けないので的を得ているとは思いますが・・。

英語

四谷大塚は東進英語スクールを併設しているので、とにかく英語をおすすめしてきます。

今回の体験授業は、フォニックスでした。小1で初級クラスに入ると、2年かけてフォニックスを学ぶそうです。

「フォニックスって2年もかかる⁈」というのがわたしの感想。次女は年長の時にフォニックスを勉強済みですが、3ヵ月か半年もあれば終わるのではないかな~と。

カタカナが書けるようになったら、一通りフォニックスを教えてしまうと良いと思います。

➡【英語】ママの発音が悪くても大丈夫!『書いて覚える楽しいフォニックス』

次女に聞いてみると忘れている部分もありそうなので、暗記ノートにフォニックスを加えておこうと思いました。

感想

塾側もそのつもりで出しているとはいえ、最後まで終わらないとは・・というのが感想です。問題の難易度によるので何とも言えませんが。

とはいえ、2日連続のテストお疲れさまでした(*^^*)。

結果は1週間後くらいから受け取れるようです。 

スポンサーリンク