ママ塾で偏差値70!

幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾しました。

【小5/7月2日】学習記録&サイパー『量-倍と単位当たり』『面積応用編1』終了。

f:id:mamajuku:20190701100628p:plain

7月2日火曜日

【スタディサプリ(8分)】

  • 中1国語(応用) 文法(1)言葉の単位・文の成分

【その他】

  • サイパー

※今日もリコーダー練習に明け暮れていました。勉強した方がいいよ!君!

※サイパーは5冊平行していますが、そのうち2冊『量-倍と単位あたり 』『面積(応用編1) 』が終了したようです。

長女はサイパーを気に入っているようで、机に向かうと一番先に開きます。「算数ができるようになってる気がする。」からだそうです。

ひとつの単元に絞り、難しすぎない問題を数多くこなすので、苦手が克服されていく実感が湧くのでしょうか。

サイパー、いいですね。今後も活用していきたいです。

終了した2冊の後釜には、

を用意しています。

陰山英男の完全習熟シリーズ『図形プリント』

陰山英男先生というと「基礎」というイメージですが、この問題集は難しいです。

"中学入試の力がつく!"とありますが、まさに進学塾で習う図形の基本的な部分といった感じです。(受験レベルではあくまで基礎。難関校には遠く及びません。)

  • 補助線
  • 相似
  • 円すい
  • 図形の移動
  • 水槽
  • 立体の切断

などを扱っています。

こういった分野は、私立向けの算数を勉強していない限りお目にかかることはありません。公立中高一貫志望の長女には必要ないかもしれません。

でも、長女は図形をたいそう苦手としていますので、慣れる意味で多少難しい問題に取り組ませてみることにしました。

"大は小を兼ねる"なので、この問題集1冊を消化すれば普通の図形問題が易しく思えるようになるでしょう(笑)。

難しすぎず、簡単すぎず、頭の訓練にちょうど良い1冊だと思います。

 

スポンサーリンク