ママ塾で偏差値70!

幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾しました。

【小1/7月8日】学習記録&公文・漢検・英検

f:id:mamajuku:20190701100628p:plain

7月8日月曜日

【朝学習】

【夜学習】

  • 公文英語F175-180(16分)
  • 公文算数D81-85(23分)
  • 公文国語CⅠ185-190(24分)

※「2けたで割るわり算」は、どうやら一人立ちできたようです。ここからは、公文のプリントを解きながらスピードをつけていって欲しいと思います。

※ちょっと公文が忙しく、思考力系・パズル系算数などがさっぱりできていません。

※が、英検のプリントだけは1日1枚進めています。しかしまったくできないので、できないことを確認するためのプリントという趣旨になっています(^-^;。何をすれば良いかがわかるので、それはそれでいいですが。

まず、絵や音に頼っていた単語を、文字だけで理解する練習が必要です。そして、単語・熟語の暗記!5級の問題は文法的にはとても簡単なので、単語と熟語さえわかれば合格できるのではないかと思います。

でる順パス単5級の600語を、まずは覚えられるようにがんばります!

※算数の思考力系・パズル系って、効果が出ているのかわかりづらいものです。長女の時の経験から、低学年のわからないっていうのは、脳が未発達で理解することができない場合を含んでいます。

なので、どんなに時間をかけてもわからないものはわからないことがあるんです。

➡マンスリーテスト直前!テンパる長女💦&塾に入る前にやっておいた方が良いこと

これは2年くらい前に書いた記事です。

最レベやトップクラス問題集の難しい問題は、しなくても良かったかもと反省しています。

そうではなく、漢字やことわざ、英語をがんばっておいた方がよいと書いています。

要するに、低学年でも結果が出やすいところからやっつけていった方がよいということですね。

フムフム・・そうだとすると、公文や漢検英検で手いっぱいという今の状態は悪くないのかもしれません。

思考力系算数は、頭がカチンコチンになるのを防止するために時間のある時に取り組むようにしたいと思います。

 

スポンサーリンク