ママ塾で偏差値70!

長女:幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾しました。きょうだい3人、スマイルゼミで2学年先取り中。次女は+くもん。

【夏休み終了】小5・小1・年中の夏休みの成果。

f:id:mamajuku:20190701100628p:plain

長かった夏休みが終わりました。

夏休みというと「お母さん大変!」というイメージですが、わたしは子どもたちの長期休みが好きです。時間に追われなくていいし、人にも会わないで済むから(笑)。

旅行に行かなかったので、なおさら時間がたっぷりあり、ゆっくりすることができました。ほとんどの日は家と近所で過ごしていましたが、土日には海やプール、お祭りなど夏らしいことも。

教育ママであるわたしは、今年の夏休みはどんなにダラダラしようとも子どもの勉強だけはきっちりやろうと心に決めていました。

結果、だいたいそのような夏休みになったと思います。

今日は、わが家の小5・小1・年中の子どもたちの夏休みのことをざっくりと記録しておきます。

小5の夏休み

去年の夏休みは、早稲アカと日能研の夏期講習を掛け持ちして忙しい時期もあり、あっという間だったような気がします。

今年は、夏期講習といっても個別指導のコマがいつもより少し増えるくらいで、宿題も出るけどたいしたことはありません。

塾の他はわたしの与えた基礎課題をこなす毎日となるはずでしたが、切り替えの下手な長女はついついダラダラとゲームばかりしている日が多くありました。

小5ともなるとお友達同士で出かけることも増え、お祭りや映画などちょくちょくお出かけもしていました。

そんなに遊び呆けているのはいかがなものかと、8月も後半になって母のカミナリが落ち、お盆明けくらいからは真面目に勉強しています(遅!)。

自習室デビュー

夏休み後半、長女の勉強がはかどるようになったのは塾の自習室を利用するようになったからです。

わが家は3人きょうだいで、下の子たちは常に騒いでいます。そうでなくても、家の中にはゲームやマンガなど誘惑がいっぱい。

意志の弱い長女には、一切の誘惑を断ち切れる自習室での勉強が向いているようです。

「勉強しなさい!」と一日中言い続けるのではなく、「自習室行きなさい。」と追い出せば良いので親としてはとても楽になりました。

なぜか自習室では集中して課題を終わらせてくるので、夜な夜な問題集をチェックし、翌日の課題を用意するのがわたしの仕事になりました。

塾の宿題以外でできなかったところは、時間のある時にわたしが個別指導しています。

長女の塾の自習室は予約ができます。

自習室の予約をすることで勉強時間を優先的にとれるようになり、ペースをつかんだことが、夏休みの最大の成果です(*^^*)。

スポンサーリンク

 

小1の夏休み

3人の中では比較的勤勉な性格の次女には、ママ塾夏期講習と称してカリキュラムを作ってありました。

➡【小1/夏休み】ママ塾夏期講習の時間割。

われながら「無理かな~(^-^;」と思うくらい分量が多かったのですが、夏休み全体を通してほぼすべてをこなしました。

わが子ながらほんとうに、「えらいな~」の一言に尽きます。

決して進んで集中して勉強するわけではないのですが、遊びながらダラダラと、でも言われたことは全て終了しないと気がすまない性格なので、毎日最後まできちんと終わらせていました。

その上で、くもんも一日も欠かすことなくしていました。

学力は目に見えないので、なにがどれだけできるようになったのか今すぐにわかるわけではありませんが、きっと、大きな力がついていると思います。

なんとなく、論理的思考力のかけらが身についたような気はします。

当初の予定では、勉強を午前中に終わらせて午後はお絵かきの練習➡公園の流れにしたかったのですが、次女がダラダラ勉強するのでいつも午後までかかってしまい、お絵かきはできませんでした。

勉強の後は、3時くらいから児童館や公園に遊びに行くのが日課となっていました。今年の夏は、17時でも暑かったです(*_*;。

年中の夏休み

ひらがなとたしざんの勉強を始めたばかりの長男。ドリルを嫌がるので難航していました。

➡【年中/7月】たしざん5問ごとにレーズン1粒⁈

夏休み中も、朝からずーっと逃げ回って、姉たちの邪魔をするのでテレビ部屋に島流しにされたり(仮面ライダーとか見ている)、夜になってやっと始めたりとグダグダな毎日でした。

が、どういうわけか夏休みの終わりには毎日の課題をそれなりに早く済ませることができるようになっていました。

ひらがなとたしざんのドリルのほかに、こぐま会「ひとりでとっくん」シリーズのできそうなものを見つけて3冊を同時進行もしています。

まだまだとなりで見ていてあげることが多いですが、一応、「勉強の習慣がついた」ように思います。

ひらがなはほぼマスターして、カタカナに入りました。

たしざんは、「+6」でつまづいたので「+2」まで戻り、今再び「+6」に挑戦しています。

自転車・逆上がり・長縄

学習面で意外とがんばった長男ですが、運動面でも進歩がみられました。

母として、夏休みの長男の目標として

  • 自転車(補助なし)
  • 逆上がり
  • 長縄跳び連続50回

の3つを密かに掲げていました。(プレッシャーになるので、本人には言っていません。)

ずっとストライダーに乗っていたせいか、自転車はすぐに乗れるようになりました。公道ではない広場での練習を経て、公道デビューもできました。

習っている体操教室では、「坂付き逆上がり」で半年くらい止まっていました。しかし坂付き逆上がりを練習する間に腕の力がついたようで、いつのまにか逆上がりもできるようになっていました。

この二つは、たった5才の長男の小さな自信になったと思います。

長縄は、最高記録37回でした。50回には届いていませんが、はじめは10回もできなかったので大きな進歩です。秋も引き続き練習しようと思います。

まとめ

夏休み前に決めていた通り、出不精母なりに、子どものことを最優先にして過ごしました。

家の片づけも、ダイエットも、ブログもまったくできませんでしたが、「テレビやYouTubeを見せてほったらかし」の夏休みだけは回避することができました(笑)。(長女はゲームしてたけど)

新学期が始まり、子どもと過ごす時間が減って寂しいですが、涼しくなる季節、健康管理に気をつけながらサポートしていきたいと思います(*^^*)。

 

スポンサーリンク