ママ塾で偏差値70!

長女:幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾しました。きょうだい3人、スマイルゼミで2学年先取り中。次女は+くもん。

【塾なし小5】社会・白地図はこれでばっちり。

白地図学習を始めました

ぼちぼち家庭学習中の長女。

日能研に通っていたころ、地理の暗記問題が苦手でした。

やっつけ仕事で丸暗記しようとするので、ちょっとでも問題の角度が変わるとわからない、日本地図全体が頭に入っていないと感じていました。

私立受験をするわけではないですが、もう少し日本地図と仲良くなっておくことは教養として必要。

ということで、白地図学習を始めました。

スポンサーリンク

 

サピックス『白地図トレーニング帳』

白地図は、各社から出ていて迷いましたがサピックスのものを選びました。

日能研だと、もう少し項目が少なくて易しいような気がします。


白地図トレーニング帳 (サピックスメソッド)

参考書

学校でも塾でも、地理を本格的に学ぶのは5年生です。早稲アカと日能研で少しかじったとはいえ、知らないことがたくさん出てくるはず。

白地図を埋めるのに資料が必要です。

四谷大塚『考える社会科地図』

まず地図帳を用意しました。

地図帳もいろいろありますが、目的が「中学受験レベルの知識を身につけること」なので、四谷大塚の『考える社会科地図』を選びました。

f:id:mamajuku:20190212195330p:plain(HPより引用)

こちらは市販されていないようですが、四谷大塚のHPで購入できます。

(送料が一律なので、ついでに『ニュース最前線2018』『四科のまとめ理科・社会』も買ってしまいました(^-^;)

受験に必要な知識がすべて集約されていて、使いやすい1冊です。

旺文社『小学総合的研究 わかる社会』

もう1冊、社会科の総合的な参考書も揃えました。


旺文社 小学総合的研究 わかる 社会

小学校3年~6年の社会科で学ぶことをまとめている参考書ですが、後半3分の1は中学受験にも使える「発展編」となっています。

『考える社会科地図』は地域ごとに詳しく載っていますが、こちらでは日本全体の「川」の地図、「山脈」の地図のようにテーマごとにまとめられたページがあり、わかりやすいと思いまいた。

地理だけでなく歴史や公民の分野も載っているので、今後『四科のまとめ社会』と一緒に使うこともできそうです。

※そしてこの参考書は、4月から小学1年生となる次女の社会の学習にも使えると思って購入しました。

2年先取りをしている『スマイルゼミ』では、3年生から社会と理科が始まります。

ある程度の予備知識があったほうが、進めやすいでしょう。

先取りをしようと思ったら、ガッツリした参考書は必要かもしれません。

1年で3周します! 

『白地図トレーニング帳』は100ページくらいあるので、コピーして毎日1ページずつすれば1年で約3周できますね。

無理なく、知識を定着させることができればと思います(*^^*)。

 

スポンサーリンク

 

 

www.mamajuku.com