ママ塾で偏差値70!

長女:幼児の頃から家庭教育を続け、小3(6月)の全国統一小学生テストで偏差値70がでました。その後、早稲アカA特待・日能研スカラシップに認定され通塾中。次女:スマイルゼミで先取り中。長男:Z会&ポピー受講中。シェア畑で生きた食育もしています(*^^*)。

特別学習支援制度@日能研とは?

7月9日に朝日新聞社主催の「未来をつくる学びテスト」を受けてから約10日後、長女のもとにゆうパックが届きました。

 

それは、「特別学習支援制度の資格取得のお知らせ」というもの。

 

むむ、なんだなんだ?

 

中身を読んでみると、3年生の9月から4年生の夏期講習までの1年間、無料で(教材費は実費。1年で3万円弱)最寄りの日能研に通えるというもの。

 

わお!やったぁ!

 

でもしかし、おいしい話には裏がある。タダより高いものはない。というのは世の常識。まずはネットで情報集めをしよう。

 

調べてみると、この制度は中学受験の世界ではちょっとした有名な話だそうで、「特別」なんていっているけれど1000人中200番くらいでもこのお知らせが届くこともあるよう。(わが家の長女は38番でした。)

 

明確な基準は明らかにされていませんが、朝日新聞社の方が解答を見て、伸びしろのありそうな子を選んでいるというお話もあります。

スポンサーリンク

 

 

わが家はいまのところ、私立中学の受験を考えていません。

中学受験塾に無料で通わせてもらって、受験しませんなんてことは許されないのでは・・

 

しかし調べた限りでは、そうした縛りのようなものはなく、やめるようが転塾しようが日能研からなにかいわれるようなことはないようなのです。

 

それというのも、この制度のお金を出しているのは朝日新聞社なんですね!

だから日能研としては、負担なく見込みのある(かもしれない)子どもを集めることができ、もしその中から本当に中学受験をする子が出ればラッキー。そしてその確率は、それほど低くはないのではないかと思います。

 

朝日新聞社が「未来をつくる学びテスト」を開催する狙いは、朝日小学生新聞の購読者を増やすことだと思います。

その利益を、テスト問題を作問した日能研にもわけること。さらにはこの制度の存在が宣伝効果となって、「未来を受ける学びテスト」の受験者が増える→朝日小学生新聞の購読者が増える・・というウィンウィンの関係。

 

なんて、大人の事情があるのかどうかはわかりませーん。(*^^*)

でも、あえて普通の特待制度よりも幅を広くとって、より多くの子どもたちに未来へのチャンスを与えてくれるこの制度。朝日新聞社さんらしいステキな制度だと思います。

 

スポンサーリンク

 

お知らせにあったとおり、7月22日に最寄りの日能研からお電話がありこの制度を使うかどうかを聞かれました。

わが家は使うことにしました。

 

長女はちょうど今月からごく近所の個別指導塾へ通い始めたところだったのですが(算数のみ)、集団で授業を受けるタイプの塾にも興味があったようなのです。

学校で、日能研に通っている友達がひとりいることも影響しているのかもしれません。

 

日能研はとてもアットホームな塾だということなので、1年後にやめるとき嫌がったりするかもしれませんが、まあさっぱりした子なので大丈夫でしょう。

 

というわけで、これから届く申込書を日能研に提出して、9月からの日能研通いが始まります。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mamajuku/20170928/20170928094741.jpg?1506559665?changed=1506559665

 

スポンサーリンク

 

先週その「申込書」を、長女が通うことになる日能研まで提出しに行って来ました。

書類自体は簡単なものです。

 

以前にこちらの日能研で「GEMS体験講座」(無料)なるものに参加したことがあったので、場所などはわかっていました。

 

しかしながら少し緊張・・次女をお供に(長女はこの日はお留守番)おずおずと入っていくと、社員さんらしき女性が対応してくれました。

 

長女の名前を言うとすぐにわかってくれ、フリースペースのテーブルに案内してもらいました。

 

まずは書類の確認。そして小3・9月~1月分教材費(8532円)の振込用紙を受け取る。

「次回からは口座振替になりますので銀行で手続きをお願いします。」

「へ?」 支払いが発生するのは、あと小3・2月~小4・8月分の教材費(20000円くらい)だけじゃないのかな?

 

「あの、もしかして、次回からの教材費って分割払いなんですか?」

「いえ、一括ですよ ^^) 」

「・・・なのに口座振替じゃないといけないんですか? それともほかに何か・・」

 

まだ未就園児を抱える私としては、わざわざ隣の駅の銀行窓口まで手続きに行くのはめんどうすぎるのであった。

 

「あー、もしほかのオプション講座などをとられた場合などに ^^) 」

「なるほど・・わかりました・・。」

 

むむ。オプションもなにもとらず、1年でスッパリやめる気まんまんなことがバレてしまったか!?

まあ、それがいけないって感じでもないんだけど。

 

それから、Nカバンやファイルなどが入った大きな紙袋を受け取る。

かばんまで、ちゃんとくれるのね。

 

スポンサーリンク

 

今日はこれでおしまいのようなのだが、いくつか質問させてもらう。

「授業のほかに、ときどきテストがあると聞いたんですが、日程がわかっていたら教えてください」

この校舎では小3の授業は土曜日の午前中のみなのですが、月1でテストがある日はお弁当持ちで午後までになります。テストの時間に都合が悪ければ、別の日に受けられます。

 

「小3クラスは現在一クラスしかないと聞いたんですが、この制度を使って9月から入るかたはほかにいますか?」

9月から新規で入るお子さんはこれからでてくるかもしれないとのことでしたが、この制度で、ということになると言葉を濁されるのでした・・?

 

「この制度で来ているということは、まわりのお子さんには言わないほうがよいですか?」

日能研としては、普通に通っているお子さんと全く同じに扱い、制度のことは絶対に口にしないとのこと。隠すことではないけれど、ほかの方には言わないことをおすすめしますと言われました。

 

うーん、おしゃべりな長女に黙っていることができるかしら。まあ、適当に口止めしておこう。

 

考えてみれば、日能研の小3予科教室は小2の2月から始まっていて、普通にお金を払って入塾しているお子さんがいるわけですよね。

 

それがなにやら7月に公開テストがあって、上位20%に入れば無料だなんて、気持ちのいいことではないのかもしれません。(すでに通塾しているお子さんは、制度の対象にはならない)

 

了解です!

 

では、近日中に振込をして、口座振替の手続きもして、今月下旬に教材の受け渡しと面談(45分)。

 

そして9月から授業開始の流れとなります。

 

www.mamajuku.com

 

スポンサーリンク